JUMP

【漫画感想】呪術廻戦 5巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 漫画:芥見下々
  • 出版:集英社
  • 発売日:2019/5/2
初めに

週刊少年ジャンプ連載中!アニメ化もした大ヒット少年漫画で「呪い」を題材としたダークファンタジーです!

前日譚の『呪術廻戦0巻』が2021年冬映画化!

あらすじ

京都姉妹高校交流会が開幕。一日目の団体戦は、区画内の2級呪霊を先に祓った側の勝利となる。

しかし、京都の東堂は呪霊ではなく、東京を襲撃。東堂VS虎杖の戦いが始まる。

感想

団体戦です!呪霊を倒したら勝ちなのに、呪霊そっちのけで京都VS東京の対人盛りだくさん!

そもそも、虎杖暗殺が裏で動いているので、京都側は虎杖を狙っています。その中で東堂が凄く良い!

指図を受けず、単身で虎杖に挑み、ただ戦うだけじゃなく、徐々に虎杖と通じ合っていく…だいぶクセのあるキャラクターです。笑

皆に放置された呪霊ですが、これまた京都の策略で2級ではなく、準1級呪霊が放たれていたのです…さらにその呪霊が謎のやばそうな呪霊に殺される。

突然現れた謎の呪霊。真人が仲間を連れて再登場!盛り上がりますねー!

  • 呪いを題材にした能力バトル
  • 呪い=化物が敵
  • ダークな展開