MAGAZINE DELUXE

【漫画感想】転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 2巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:石沢 庸介
  • 作画:謙虚なサークル
  • 原案:メル。
  • 出版:講談社
  • 発売日:2021/2/9
初めに

小説家になろう発!

身分と才能に恵まれていなかった主人公が、王子で、凄まじい才能の持ち主へと転生した!?

あらすじ

ダンジョンで手に入れた「魔髄液」を利用して「付与魔術」を施したロイド。

付与武器を携えて第二王子アルベルト、メイドのシルファと共に魔獣狩りへと出発する。

だがそこに待っていたのは、想像を超える敵だった…

感想

魔人パズズが登場します。パズズはゲスな性格をしてる猿型の魔人。

ロイドを貶した事でシルファがブチギレ!元々強い描写はあったんですが、想像以上に強い!!!

双剣の剣士で接近戦で戦うシルファ。冷酷に挑発しながら戦う姿は、美しくかっこいい!

様々な剣術を披露します。技名も凄く好き。次々と連携して攻撃していくシルファ。

しかし、簡単に終わらないパズズ。劣勢かと思いきや実はめちゃ強かった!

パズズの魔術は瘴気。これが強すぎる。次々と瘴気にやられていく仲間達。

でも瘴気が効かないヤツがいるんですよね。そう主人公ロイドです!

いや、どんだけ強いのロイド…そう思えるパズズVSロイドでした。

相変わらずの素晴らしい戦闘描写。そして、他の兄弟や暗殺ギルドなど続々と新キャラクターが登場!

充実した第2巻でした!

  • 主人公が圧倒的強さ
  • 迫力ある戦闘描写
  • 魔法の設定が良い
  • 魅力的なキャラクター達