MAGAZINE DELUXE

【漫画感想】転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 3巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作 :石沢 庸介
  • 作画 :謙虚なサークル
  • 原案 :メル。
  • 出版 :講談社
  • 発売日:2021/5/7
初めに

小説家になろう発!

身分と才能に恵まれていなかった主人公が
王子で、凄まじい才能の持ち主へと転生した!

あらすじ

ある夜、ロイドは城への侵入者を察知する。

気配のない侵入者。その正体は暗殺ギルドの
一員レン。

ロイドですら浄化できない毒の能力の持つ主だった・・・

感想

今巻は暗殺ギルドをメインとしたストーリー展開です。
ロイドVS暗殺ギルド。

個性的な暗殺ギルドのメンバーを圧倒的な力でねじ伏せる!
今回、魔力が暴走するノロワレといゆうキーワードが登場します。

このノロワレ体質のメンバーで構成されたのが暗殺ギルド。
暗殺っていかつい名なんですけど、憎めないキャラクター達です。

それゆえに・・・後半の展開が辛い。
暗殺ギルドのメンバーはロイドとの戦闘後に
連絡が途絶えていたリーダー、ジェイドから連絡があり、会いに行きます。

怪しいよね・・・

はやくきてくれー!ロイドー!な展開に。

暗殺ギルドのメンバー達の前に
圧倒的強さの魔人が登場します。
強さでは恐らく頂点クラス。

次巻でロイドVS最強魔人との戦闘が描かれる事になりそうですが
ついに本気のロイドが見れそうで楽しみ!はやく読みたい!

クズな敵。ピンチな場面で登場するロイド。
そして開戦前のカットイン。
最高でした!

  • 主人公が圧倒的強さ
  • 迫力ある戦闘描写
  • 魔法の設定が良い
  • 魅力的なキャラクター達