ファンタジー

【漫画感想】転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 4巻【ちょいネタバレ】

作品紹介

転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます。

身分と才能に恵まれていなかった主人公・ロイドが転生したら王子で、凄まじい才能の持ち主だった!?

最高の環境で、ロイドは魔術浸りの生活を送る…大迫力の戦闘描写で描かれる転生&ファンタジー漫画です!

作品情報

漫画石沢 庸介
原作謙虚なサークル
キャラクター原案メル。
出版講談社
レーベルKC DELUXE
発売日2021/8/6

あらすじ

暗殺ギルドのリーダー、ジェイドの体を乗っ取った魔族・ギザルム。

圧倒的強さのギザルムに、初めて苦戦するロイド。

魔術が効かないギザルムを相手にロイドは…

主要登場人物

ロイド
庶民から王子に転生
サルーム第二王子。主人公
シルファ
ロイドの教育係。剣術指導も行う
Aランク冒険者「銀の剣姫」
グリモワール
サルームを滅亡まで追い込んだ魔人
アルベルト
サルーム第二王子
レン
「暗殺者ギルド」毒蛾のレン
毒のノロワレ
バビロン
「暗殺者ギルド」強鼠のバビロン
軟体のノロワレ
クロウ
「暗殺者ギルド」闇鴉のクロウ
呪詛のノロワレ
ガリレア
「暗殺者ギルド」蜘蛛のガリア
糸のノロワレ
タリア
「暗殺者ギルド」百傷のタリア
傷のノロワレ
ジェイド
「暗殺者ギルド」神隠しのジェイド
陽狼のジェイド
ギザルム
魔人 / 魔族

用語集

サルーム王国
ロイドが生まれた国
ノロワレ
生まれ持った魔力の性質が特異な者
その中でも自身でコントロールができず、周囲に被害を及ぼす者達の総称
暗殺ギルド
メンバー全員が賞金首、ノロワレで結成された6人のギルド

感想(ネタバレ無し)

全てが魔人との戦闘!初めてロイドが苦戦!?

元々強い魔人であるギザルムが、ジェイドの体を奪ったことで空間転移も扱えるようになりさらに強力に。

そして大量の魔人がレンたち…暗殺ギルドのメンバーに襲いかかる!

援軍の登場で、ロイド以外も活躍!戦闘シーン好きに大満足な第4巻となっています!

援軍の登場

援軍として登場したのがアルベルトやシルファたちです。

アルベルトの軍は、ロイドが製作した魔剣により戦闘力が上がっています。

シルファと対峙する魔人は、2巻でシルファが敗北した魔人・パズズと同じ8級の強敵。

そんな強敵の魔人と一対一で戦うシルファ。

この8級魔人がまたクズな性格してるんです…自身が奪った体の持ち主を貶し、シルファを挑発。

8級魔人は剣を扱います。流派は天魔一刀流。

シルファと魔人の剣術対決は最高すぎました…圧倒的な戦闘描写とキャラクターの表現が最高!!!

まとめ

ロイドVSギザルムも好きだけど、4巻の戦闘はシルファ戦が一番好きですね。

ロイド、シルファ共に強敵との戦闘です。戦闘シーンは見所満載!!!

二人の戦闘について下記にネタバレ有り感想で記していきます!

ブログ内関連リンク

感想(ネタバレ有り)

ネタバレを含みますのでご注意下さい!

シルファVS魔人

最高の戦いでした!

シルファが実は実力を抑えていた事が判明します。それは本気を出すと武器が壊れてしまうから。

それを見抜いていたロイドは、能力付与ではなく、武器の耐久度を上げた魔剣「魔人殺し」をシルファに与えていたのです。

魔剣を手にしたシルファは強すぎる!!!

武器が純粋な強度を強化しただけなので、シルファ本来の力で魔人を倒す展開は素晴らしい!

魔人が本当に性格がクズだったので、魔人敗北シーンは爽快感がありますね!

ロイドVSギザルム

大規模、大迫力の戦闘シーン!もうこの二人以外ついていけない展開が続きます。

ロイドの固い防御すら貫通するギザルムの攻撃。

圧倒的な強さのギザルムを前にしてグリモワールがロイドに逃げてくれ…そう思う程です。

でもロイドは逃げるどころか、戦闘中のギザルムの魔術を解析する…本当に魔術バカですね。笑

魔術のこと以外、あまり感情を出さないロイドですが…今回はちょっと怒っている?

少し感情的になるロイドは新鮮でした。戦いながら成長するロイド…!どこまで強くなるんだ!

バトル満載の第4巻ですが、シルファ戦が特に良かったですね。シルファ好きな方は必見です!