HJ

【漫画感想】新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。 1巻【ちょいネタバレ】

概要
  • 原作:岸馬きらく
  • 漫画:荻野ケン
  • キャラクター原案:Tea
  • 出版:ホビージャパン
  • 発売日:2020/5/27
初めに

努力で天才を打ち砕け!

週刊少年ジャンプで連載していた『レディ・ジャスティス』の荻野ケン最新作!

あらすじ

「冒険者になるのはできるだけ若いうちがいい」

30歳を過ぎてから冒険者を目指したリック・グラディアートル。世間からは出遅れとされていた。

冒険者最高位のSランクのみで結成された伝説のパーティ「オリハルコン・フィスト」

なんとリックは、伝説のパーティ「オリハルコン・フィスト」で修行をしていた過去があり、新米ながら最高位[Sランク]並みの戦闘力を有していた。

モンスター級の師匠たちに鍛え上げられた戦闘力で、なめてかかってくるエリート冒険者を次々にねじ伏せていく。「出遅れ…?何歳から冒険者やったって何歳から新しいこと始めたって…いいだろ!」

感想

主人公は凄く強いんだけど、自分は弱いのでは?と自信が無い。勘違い系主人公です。

冒険者はAランクまで行けばかなりの強者の世界。リックはそんな世界でSランクの師匠に地獄と思えるほどの修行を2年間耐えてきた強者です。実際に死んで蘇生を繰り返したとか…笑

なので実際の戦闘力はかなり強いリック。試験会場でとんでもない記録を出したり。生意気な少年やプライドが高い女の子を相手に次々と規格外の力を発揮!

画力が高く戦闘シーンは大迫力!シリアス系ではなくギャグ寄りの作品です。実は強かった系が好きな方にオススメです!

  • 実は強い主人公
  • 努力で天才に打ち勝つ
  • 迫力のある戦闘シーン