アニメ映画

【映画感想】バブル【ネタバレ有り&無し】

作品紹介

豪華製作陣が集う!長編アニメーション作品!

テレビアニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎×「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄×「DEATH NOTE」の小畑健が集結!

劇場公開に先駆けNetflixで配信中!

作品情報

監督荒木哲郎
脚本虚淵玄
上映時間100分
日本配信日2022/4/28
日本公開日2022/5/13
製作国日本

予告映像

あらすじ

世界中に降り注いだ泡《バブル》によって破壊され、重力を失った東京。

バブルによる破壊から5年…重力が失われ、水で浸水し居住禁止区域となった東京に集まる若者たちが居た。

東京では、建物から建物に派手な動きで走り、飛び、登るパルクールを用いたチームバトルが盛んに行われ、物資を賭けて若者たちが凌ぎ合っていた。

驚異的な身体能力を持つヒビキは、チームのエースとして勝利を導く存在であったが、一瞬のミスから水中へ落下してしまう。

溺れるヒビキを救ったのは、謎の少女・ウタだった。

主要登場人物

ヒビキ
〖声:志尊淳〗
パルクールチーム・ブルーブレイズのエース
主人公
ウタ
〖声:りりあ。〗
ヒビキの前に突如現れた謎の少女
マコト
〖声:広瀬アリス〗
科学者
シン
〖声:宮野真守〗
カイ
〖声:梶裕貴〗

感想(ネタバレ無し)

豪華製作陣で製作されたアニメ映画です!PVが凄く面白そうだったので配信を楽しみにしていました。

結論から言いますと…非常に物足りなかった!

まず映像は素晴らしいです。このアニメはパルクールというビルからビルなど、生身でスタイリッシュに移動する競技を主体に製作されています。

監督がアニメ「進撃の巨人」の方なので、パルクールのアクションは立体起動を連想させる動きで超スタイリッシュ!

残念な所は、脚本です…世界観の説明とキャラクターの掘り下げが物足りない!

主人公ヒビキは寡黙で口数が少ないクール系。そしてヒロインのウタは喋ることが出来ない少女です。

一応、ウタは少しづつ喋れるようになりますが、終始不思議少女のような立ち回り。主役がクール系主人公と不思議少女だと、視聴者にキャラクターの良さを伝えるのが難しいと思うんですよね。

その上で二人の関係性を現す描写が少なかったので、感情移入が出来ませんでした。これが非常にもったいない!

泡(バブル)と崩壊した東京

バブルとは突如世界に降って来た泡です。その中でも東京が甚大な被害を受けました。バブルが破裂し東京が人が棲める地では無くなりました。

破裂したバブルにより、建物は崩れ、泡は水となり街は浸水しています。そして東京は大きな泡でドーム状に包まれてしまいました。ちなみにドーム状の泡は出入り可能です。

この世界観はとても好きです!崩壊した東京+水の映像はとても美しい。

パルクール

様々な事情により東京に集まった若者たち。食料などの資源を賭けてパルクールのチームレースを行います。

このパルクールのアクションが超スタイリッシュで爽快感があります!

宙に浮かぶ泡を利用して、飛んだりも!

物足りない人物描写と説明不足な設定

この作品の残念な所は登場人物描写と、世界観の説明です。

主人公ヒビキの過去については説明があります。しかし、ヒビキを取り巻くチームメンバーの説明がありません。

パルクールはチーム戦だし、チームメンバーの活躍も結構あったので、もう少し主役キャラクター以外の掘り下げも欲しかったな。ヒビキを認めてないチームメンバーとかも居たので。

この映画の最も重要な泡(バブル)についての説明も少ない…というか大雑把な説明で、ラストは駆け足で終わってしまいます。

結局なんだったの?という感想になってしまいました。

まとめ

期待していた作品だけに、ちょっと物足りない評価となってしまいました。

100分と時間も短いので、120分とかにしてもっと物語のクオリティを上げた方が良かったんじゃないかと思います。

しかし映像は凄いし、キャラクターデザインも「DEATH NOTE」の小畑健先生と超豪華ですので、気になった方は先行配信している今がチャンスかと!

ヒロイン・ウタについてや、結末後の感想など下記にネタバレ有り感想で記していきます!

U-NEXT

見放題作品数No.1

220,000本以上が見放題!最新レンタル作品も充実。

毎月1,200ポイントがもらえる!

最新の映画はポイントを利用してレンタルで視聴する事が出来ます!

U-NEXTを利用しての感想

自分自身登録していますが、NetflixやAmazon primeと比較すると月額が少し高いです。

しかし、毎月1200ポイントを貰えるので、Netflixでまだ配信していないような最新映画を2本見る事が出来ます。

最新映画を観る時にU-NEXTを良く利用しています。独占配信作品もあるのがポイント!

さらに映画だけでなく、ドラマ、アニメ、漫画、ラノベ、書籍の最新作にもポイント利用が可能!

RIZINなどの格闘技鑑賞も充実しています!

登録すると31日間の無料お試し出来ます!

※解約は何時でも可能で、無料トライアル期間中に解約すると月額料金は発生しません!

ブログ内関連リンク

感想(ネタバレ有り)

ネタバレを含みますのでご注意下さい!

ヒロインの謎

水中に落ちて、溺れていたヒビキを助けたのが謎の少女・ウタです。

ウタの正体は泡が集まって生まれた少女で、最初言葉を喋ることが出来ませんでした。ウタの名付け親はヒビキです。

ヒビキ含め、チームメンバーはウタの正体が泡とは知りません。

泡がなぜ人の姿になったのか…これは不明でウタだけが特別な模様。

ウタの姉が一応出てきますが、見た目は黒い人影で喋らない。ウタを捕えようとしますが…

結末

5年前と同じように泡の活動が活発になる降泡現象が突如発生。東京から避難する人間たち。

ウタは姉に捕らえられていて、ヒビキはウタを助けに…なぜウタが捕まったのか。姉は何がしたいのか?これは不明です。

ウタが捕らえられているタワーは特別な場所で重力が存在しません。ヒビキ含め、タワーに登る事を過去にチャレンジしていましたが、今だ人類未踏の地となっていました。

ラストにヒロインを助ける為に、仲間達と協力してタワーに登る展開は激アツです。

だからこそキャラクターの深堀りが欲しかったなー…説明が無い急展開とキャラクターに魅力が無い事で、ラストの盛り上がり所も映像凄いけど、何してるんだろう?ってなります。

ヒビキがウタを助けると、降泡現象が止まり、そしてウタは泡となって消えてしまいます。予想が出来る展開で感動はしませんでした…

なぜウタを助けただけで降泡現象が止まったのか。そしてウタの姉はどうなったの?これが気になりすぎてラストの感動シーンに感情移入できない!

チーム戦のパルクールで、仮面を付けた不気味なチームがあり最新装備で、次々と勝ち続け無双するチームがありました。このチームが敵としてとても魅力的だったんですよね。

ヒビキの仲間を拉致する非道なヤツらだったんですけど、最終局面でウタを助ける為にタワーに向かうヒビキたちに最新装備を渡すシーンがありました。

この仮面のチームも結局何者か不明だったので、もっと上手く使って欲しかった!

まとめ

やはり全体的に説明不足だなー…という印象です。

一部の泡には意識があり、なんらかの理由で地球に飛来した生物で、ウタのみが人間に接触しヒビキと惹かれあう。ここまでは理解できるんだけど…

もう少し説明に力を入れて欲しかった。本当にもったいない。

あと、声優はプロを使って欲しい!!!どーしてもセリフの棒読みが気になってしまいます。特に感動系のストーリーだと気になりますね。今作はベテラン声優も出演しているだけに目立ちました。

酷評になってしまいましたが、映像は凄いし、パルクールという競技を採用した設定は面白いです。

100分とお手軽な時間ですので、気になった方はGWのお供にしてみてはどうでしょうか!