ファンタジー

【漫画感想】異世界黙示録マイノグーラ ~破滅の文明で始める世界征服~ 2巻【ネタバレ有り&無し】

作品紹介

ようこそ、邪悪な国へ。

転生したら邪神だった!?目指すは…邪悪国家の繁栄!

国家運営ダークファンタジー漫画です!

作品情報

漫画緑華 野菜子
原作鹿角フェフ
キャラクター原案じゅん
出版KADOKAWA
レーベルDC NEXT
発売日2021/5/27

あらすじ

病死後に異世界転生し、大呪界で邪悪属性国家『マイノグーラ』の王となった伊良拓斗。

新たに国民として加わったダークエルフたちと共に着々と国家を築いていた。

一方、聖女ソアリーナから大呪界に災厄と神託が下され、調査団が出兵。

国民たちと平和に暮らす拓斗たちの前に50人の傭兵団と一騎当千の力を持つ聖騎士が2人現れる。

主要登場人物

伊良拓斗
『Eternal Nations』世界1位。イラ=タクト
死後に異世界転生した。主人公
アトゥ
英雄《汚泥のアトゥ》
世界を滅ぼす泥の落とし子
ギア=ナグイーブ
戦士長。ダークエルフ
モルタール=コルダル=マザラム
呪賢者。ダークエルフの長
ソアリーナ
《華葬の聖女》
イドラギィア大陸救世七大聖女
ヴェルデル
上級聖騎士
ローニアス
下級聖騎士
メアリア=エルフール》 
双子の姉。ダークエルフ
キャリー=エルフール
双子の妹。ダークエルフ
トヌポカリ》 
杖持ち
ペペ…?》 
杖持ち。稀代の天才

用語集

Eternal Nations
戦略級SLG。多種多様な種族と国家を扱うターン制ゲーム
マイノグーラ
最も扱いが難しいとされる破滅の文明
英雄
Eternal Nationsで実装されていた強力なユニット。時間経過で強くなる
大呪界
未踏領域の端に広がる呪われし樹海
聖女
決戦兵器
緊急生産
戦略資源以外の施設、食料、ユニットを魔力を消費して生み出すことが出来る
聖王国クオリア
人間種が治める国
エル=ナー精霊契約連合
エルフ種が治める国
聖女
決戦兵器
聖騎士
一騎当千の精鋭。聖女には劣るが奇跡の御業を駆使する
聖剣技
神力による身体強化をはかるクオリアの秘儀。邪悪属性に特効
フォーンカヴン
祖霊と亜人の国家。暗黒大陸で二番目の国土を持つ
杖持ち
自然霊の言葉を聞ける者。魔術を扱う

感想(ネタバレ無し)

ついにバトル展開へ!平和を願う拓斗たちマグノーラの国民たち。他者へ危害も加えてないにも関わらず、調査団が出兵されてしまいます。

今回登場するのは聖騎士。人でありながら、聖属性の技で一騎当千の力を持つ強敵です。

そして拓斗の世話係としてダークエルフの幼き姉妹が主要メンバーに加わります。

過去に悲惨なことがあった二人ですが、徐々に拓斗に心を開いていき主要メンバーの仲間入りとなりました。

アトゥVS聖騎士

待ちに待った戦闘がついに来ました!!!

アトゥVS聖騎士の対決は衝撃!残酷な表現を抑えつつも、理解できる描写に描かれていますね。アトゥの戦闘時の表情がとても良い!戦闘を楽しんでる感がありますね。

まとめ

新たな敵である聖騎士の登場や新主要キャラクター。さらに魔女の存在が明らかになり、世界の情勢も少し語られた第2巻。

杖持ちという魔術を扱う強力な力をもった亜人たちが存在する国家・フォーンガウンも登場。2巻にきて沢山の新たな設定が出てきましたね!面白くなってきました!

やはり、2巻の見所として聖騎士との戦闘シーンが衝撃的…今後のマイノグーラの戦闘スタイルが理解できます。この戦闘について下記ネタバレ有り感想で記していきます!

ブログ内関連リンク

感想(ネタバレ有り)

アトゥは容赦が無い!自身の背中から操る無数の触手で、傭兵たちを串刺しに…!

ローニアスとヴェイデルは聖剣技で応戦するも虚しく敗北してしまいます。ローニアスは結婚をしていて子供も生まれたばかり。

帰らないといけない理由があると…死亡フラグを最初から作っていたので予想通りな結末へ。実は、この戦闘回避できたんですよね。

ローニアスの判断ミス

2人の聖騎士の内、上級騎士のヴェルデルは、品性がなく性格も横暴。しかし、確かな実力と正確な判断でアトゥの異様な雰囲気を察知し撤退を指示します。

しかし、真面目な下級聖騎士ローニアスは、ヴェルデルの命令を無視しアトゥへ攻撃。傭兵団もローニアスに続きます。これによりアトゥとの戦いが始まるのですが、この戦闘前の駆け引きのおかげで、緊張感が高まり戦闘が盛り上がりました。

結局、調査団はアトゥにより皆殺しにされてしまいました。拓斗はアトゥを通して全ての行為を視ていて、元人間の拓斗がこの惨劇を目撃してたけど何も思わない。

アトゥも拓斗が気分を害さないか心配していました。しかし拓斗は何の感情も抱かなかった様子。拓斗はもう人間でないないのかな…?

主人公サイドが邪悪属性で敵が聖属性の作品のため、人類が敵で、相対した時にどうなるのか…ずっと気になっていたので、今回の戦闘は思ってた通りで大満足でした!