ファンタジー

【漫画感想】異世界黙示録マイノグーラ ~破滅の文明で始める世界征服~ 3巻【ネタバレあり&なし】《ついに魔女が姿を現す…!魔女エラキノVS聖女ソアリーナ勃発!》

この記事では『異世界黙示録マイノグーラ』の紹介、感想、各サイトの評価を記載しています!

ネタバレあり、なしでカテゴリーを分けているため、ネタバレを避けたい方でも読める記事になっています!

作品紹介

「ようこそ、邪悪な国へ」

転生したら邪神だった!?目指すは…邪悪国家の繁栄!

異世界転生×国家運営×ダークファンタジー漫画です!

作品情報

漫画緑華 野菜子
原作鹿角フェフ
キャラクター原案じゅん
出版KADOKAWA
レーベルDC NEXT
連載コミックウォーカー
発売日2022/1/27

作品評価

2022年7/21日時点の評価です。

むびこみ評価
★★★★★★★★☆☆(7.5)
1~3…うーん
4~5…面白い!
6~7…新巻出たらすぐ買う!
8~9…超おすすめ!
10……全てが最高!

Amazon(アマゾン)
《世界No.1のオンラインショップ》
★★★★☆(4.5)
レビュー数:733件

eBookJapan
《日本最大級のマンガ(電子書籍)販売サイト》
★★★★☆(4.5)
レビュー数:271件

あらすじ

戦略級SLG『Eternal Nations』でランキング1位となり、公式にも認められた伝説のプレイヤーイラ=タクト(伊良拓斗)

拓斗は18歳で病死してしまったが、死後に異世界転生し、大呪界で邪悪属性国家『マイノグーラ』の王となった。

マイノグーラのさらなる国力増大のため、拓斗は資源となる『龍脈穴』を所持する国『フォーンカヴン』との同盟を結ぶ。

拓斗は龍脈穴が存在する都市・ドラゴンタンを調査するため視察団を送ることに。

視察団として選ばれたのは双子姉妹・メアリアとキャリー。二人は、マイノグーラの衛生兵と共にドラゴンタンへ向かう。

>>第1巻感想(最初はこちらでです!)

主要登場人物

マイノグーラ
伊良拓斗
『Eternal Nations』世界1位。
プレイヤーネーム:イラ=タクト
死後に異世界転生した
アトゥ
英雄《汚泥のアトゥ》
世界を滅ぼす泥の落とし子
イスラ
英雄《全ての蟲の女王》
メアリア=エルフール
双子の姉 / ダークエルフ
キャリー=エルフール
双子の妹 / ダークエルフ
ギア=ナグイーブ
戦士長 / ダークエルフ
モルタール=コルダル=マザラム
呪賢者 / ダークエルフの長
イチロウ
マイノグーラの衛生ユニット
ジロウ、サブロウとの三人組
フォーンカヴン
アンテリーゼ=アンティーク
ドラゴンタン都市長 / エルフ
トヌポカリ》 
杖持ち
ペペ
杖持ち / 稀代の天才
聖王国クオリア
ソアリーナ
《華葬の聖女》
イドラギィア大陸救世七大聖女
その他
エラキノ
《啜りの魔女》

用語集

Eternal Nations
戦略級SLG。多種多様な種族と国家を扱うターン制ゲーム
マイノグーラ
最も扱いが難しいとされる破滅の文明
英雄
Eternal Nationsで実装されていた強力なユニット。時間経過で強くなる
大呪界
未踏領域の端に広がる呪われし樹海
聖女
決戦兵器
緊急生産
戦略資源以外の施設、食料、ユニットを魔力を消費して生み出すことが出来る
聖王国クオリア
人間種が治める国
エル=ナー精霊契約連合
エルフ種が治める国
聖女
決戦兵器
聖騎士
一騎当千の精鋭。聖女には劣るが奇跡の御業を駆使する
聖剣技
神力による身体強化をはかるクオリアの秘儀。邪悪属性に特効
フォーンカヴン
祖霊と亜人の国家。暗黒大陸で二番目の国土を持つ
杖持ち
祈祷師。自然霊の言葉を聞ける者。魔術を扱う
龍脈穴
マナを生産するマップ資源

感想(ネタバレなし)

新キャラクター、新設定盛りだくさんの第3巻です!

マイノグーラは診療所などの施設が完成。他国との同盟や新たな仲間も加わり国力がかなり強化。

第3巻では、同盟を結んだ国『フォーガウン』での調査中に起こるトラブルをメインに描かれています。

新キャラクターのアンテリーゼは、『フォーガウン』の都市・ドラゴンタンの市長。

初めて、マイノグーラ以外の国が舞台になり、アンテリーゼが案内役となるのですが、気の毒な展開に…ちょっと面白い。笑

そして第3巻の後半には、この世界について気になる謎が…。

この先、内容に触れますのでご注意下さい(重要なネタバレはありません)

PICK UP レビュー

英雄ユニット・イスラ

ついに新たな英雄ユニットが召喚されます。その名も《全ての蟲の女王》イスラです。

イスラの能力は、全ての昆虫ユニットを強化。さらに自分も戦闘能力がある。超万能な英雄ユニット。

今回はイスラの戦闘が無かったので強さは不明。はやく活躍して欲しい!

アトゥの外見は少女でしたが、イスラは完全に昆虫です。人目に付いたら確実に敵と思われそう。

犯罪組織との戦闘

メアリア、キャリーの双子が都市ドラゴンタンへ視察に向かうことに。

順調に進むと思われた視察だったけど…麻薬を売買する犯罪組織・クルクレイン商会にメアリア、キャリーが狙われてしまいます。

犯罪組織から二人を守るため、拓斗から護衛として派遣された衛星兵。

衛生兵はイチロウ、ジロウ、サブロウの三人組。

三人は、仮面を付け黒装束のとても怪しい外見。でも実は、おちゃめなキャラクターというギャップで登場時から存在感が凄かったキャラクターです。

メアリア、キャリーが狙われた事で、衛生兵の本性が明らかに…!やはりマイノグーラの衛生兵は只者じゃない!

正体を明かし、応戦する衛生兵!ここの戦闘は第3巻の見所の一つですね!結構残酷なことをします!笑

まとめ

ついに魔女も登場し、聖女と対峙します!

ドラゴンタンに攻めてきた蛮族をアトゥが討伐する展開があり、倒した蛮族が金貨(コイン)をドロップ。

この金貨をみて拓斗がとても気になる一言を発します。

物語が進むにつれて、新キャラクターや気になる設定が増えてくるので、読んでいて楽しい!ワクワクします!

衛生兵、魔女、金貨(コイン)について、続きはネタバレありで下記に記載しています!

>>第1巻感想(最初はこちらでです!)

おすすめブログ内リンク

迷宮の王

主人公はモンスター(ミノタウロス)
目の前に現れる冒険者を容赦なく葬り去る!
迷宮が舞台のダークファンタジー漫画です!
>>第1巻の感想記事リンクはこちら!

黄泉のツガイ

『鋼の錬金術師』の荒川弘最新作。
未曾有のツガイバトルここに開幕!
バトル×ファンタジー漫画です!
>>第1巻の感想記事リンクはこちら!

漫画感想のリンク一覧です!

おすすめ電子書籍サイト

eBookJapan

《日本最大級のマンガ(電子書籍)販売サイト》

eBookJapan

・80万冊を超える取り扱い冊数!
・無料マンガは常時2,800冊超え!
・全巻読み放題有り
・最大6回使える【半額クーポン】配布中!(初回ログイン限定)

↓バナーをクリックするとサイトに飛びます!

まんが王国

《圧倒的なポイント還元!国内最大級の電子コミックサイト》

まんが王国

・無料漫画・電子コミックが3000作品以上!
・毎日最大50%ポイント還元
・期間限定最大80%ポイント還元

↓バナーをクリックするとサイトに飛びます!

DMMブックス

《無料で試し読み!国内最大級の品揃え!

DMMブックス

・様々なジャンルの品揃え
・購入の際にDMMポイントを獲得!
・話題作の無料開放、試し読み増量を実施中!

↓バナーをクリックするとサイトに飛びます!

PICK UP レビュー(ネタバレあり)

衛生兵の正体

衛生兵は、マイノグーラの衛生ユニットでイチロウ、ジロウ、サブロウの三人組。正体はブレインイーターという存在です。

ブレインイーターは、人間が大好きな人間のなりそこない。仮面の下は瘦せ細ったバケモノで、人間の生皮を剥ぐ習性が…。今回の相手は雑魚だったので、戦闘力はまだ不明。

双子姉妹・メアリア、キャリーと衛生兵の絡みが面白いので、登場機会が増えて欲しい。でも仮面は外さないでほしい!笑

金貨の謎

蛮族からドロップした金貨を見て拓斗は「僕らだけが例外ではなかった」と発言。

さらに敵はSLG(シュミレーションゲーム)ではなくRPG(ロールプレイングゲーム)と拓斗は仮説を立てました。

これはいったい…?かなり気になる設定が出てきました。

拓斗以外に転生者が…?

拓斗は生前遊んでいたSLG(シュミレーションゲーム)と同様の設定で能力を使用し、マイノグーラを運営しています。

作中では蛮族の出現方法が謎と語られていました。

拓斗のように転生者が他にいて、その転生者はRPG(ロールプレイングゲーム)のように蛮族を出現させている…?

拓斗が発言した「僕らだけが例外ではなかった」これは、自分以外の転生者が居ることを示唆したセリフだと思います。

しかし拓斗は同じ存在だけど「おそらく対話はできない」と謎の一言も。うーん…謎ですね。転生者ではなくシステム…?

まだまだ謎ですが、面白い設定がでてきましたね。気になりすぎる!

魔女エラキノ

ついに魔女が登場。ゴスロリ少女でファンキーな性格…この漫画、性格がヤバいやつが多い…笑

エラキノは《華葬の聖女》ソアリーナと対決し、瞬殺されました。しかし、能力が不死身でまた復活する事を示唆しています。

今回は瞬殺されたけど、過去に聖女を倒した事もあるらしいので本当は戦闘力が高いはず。

聖女は拓斗たちと敵だと思うけど魔女はどうなるのか…?

拓斗の敵がRPGという発言。そして魔女についてなど4巻で語られるのかな?

物語が進むにつれて盛り上がってきました!

>>第1巻感想(最初はこちらでです!)